サラリーマンアマチュアゴルファーのスコアー記録他

ゴルフ場の雰囲気、難易度などをうまく伝えられればいいかと

【書評】一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学

 

一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学

一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学

 

 とあるFX投資チャンネル(YouTubeです)でこの本が紹介されていたため、それにつられて本を購入しました。実は僕も投資をやっていて230億稼いだ個人投資家の考えが知りたいために前々から興味はありました。

著者のcisさんは僕とほぼ同世代の人間で話の内容に同世代の話が出てきていて親近感が湧きました。そんな人間が230億も稼いでいるんだからつくづくサラリーマンが稼げていない証拠ともなっているんだよね。。。

 

さてcisさんの儲かる投資思考とは、上がり続けている株はその後も上がり続けるし、下がり続けている株は下がり続ける、という一言に集約されているかと思います。ということは相場の潮目が変わったと思ったらすぐに売り切って逃げること、すぐに行動に起こせる人間が大金を稼ぐことができるとのこと。だから長期投資よりかは短期投資(短期トレード)の方が稼げるし、サラリーマンをやりながら株の売買を行うことは難しいということが書かれてます。下がり続ける株にさらにナンピン買いをする行為は相場からしてさらに下がるため最悪、とまで言っています。

僕の投資スタイルはナンピン買いもするし、株を長期保有するスタイルなのでcisさんの投資スタイルは大きく儲けるキャピタルゲイン投資家にとっては有りなのかもしれないですが、とてもではないが真似はできそうもないですね。

だからといって、株=ギャンブルととらえて有り金を作らないで株投資を行わない、という行為は投資をしてリスク回避をしているのかもしれませんが、同時にチャンスも逸しているので50万程度の現金がある人間は投資はすべきだと思います。

 

またこの本は学生時代のことも書いてありました。

ゲームが好きでパチンコ、マージャン、競馬とギャンブルをいろいろとやっていますが、お金の稼ぎ方がうまいですね。考え方が理系的で確率論で損をしない勝負事(ゲーム)をして金を稼いでいます。こういった考え方をこの本では「仮説を立てる」という表現で書かれているけど、普通の人が気づかないことを自分独自で考えて結果を出しています。

 

最後に初めてやったときに負けたとしても、面白いものは面白いと思って続けていって、コツコツと無限に努力することができる分野で努力し続けていけば何年後かはたいていの人は勝てるようになる、ということが書かれていましたがそれは僕も同感です。

僕は現在ゴルフという娯楽スポーツが面白く、将来ゴルフの道具を簡単に売買できるツール、ソフト(アプリ)を開発したいという野望を持っていますが、そのために来年はプログラミングを学習してネットで提供していきたいし、若い世代の人間がゴルフを手軽にできるきっかけとなってほしいと思っています。

投資についても実際に身銭を掛けて、増やしたり減らしたりしない限り学びは少ないと思うので投資をまだやったことがない人はこの本を読んだのならばやってほしいと思います。