サラリーマンアマチュアゴルファーのスコアー記録他

ゴルフ場の雰囲気、難易度などをうまく伝えられればいいかと

侍エンジニア塾の無料ガイダンスに行ってきたよ

こんにちは。

2019年はプログラミングスキルを磨きたいということで、今流行りの侍エンジニア塾の無料ガイダンスに参加をしてきました。

 

どういったことをするの

WEBサービスで使われるプログラミング技術を専任プログラマーをマンツーマンで週1回90分でプログラミングをスカイプで添削してもらい、商品まで完成させてしまい、サラリーマンでしたら副業などの仕事斡旋までサポートを受けられるということでした。

具体的にはどのプログラミング言語を学習するの

RubyPHPJava、Photonのどれかを学習するらしいですが、現在の市場のニーズではRubyを学習したほうが良いということでした。

正社員にとらわれない働き方ができるということで、当日ガイダンスにきていた人は全員20歳代で30代は僕一人でした。

受講料はどれくらい掛かるの

6ヵ月コース、3カ月コース、1か月コースの3コースがあり、6が月コースが商品を作れるまで面倒を見てくれるみたいです。しかし受講料が約70万円と国立大学の1年間の授業料に匹敵するくらい高いです。

どういう人にオススメなの

現在無職もしくは求職中ですぐにでも仕事をしなければならない人や、本業があまりにも低収入でこのままだと生活ができない人は今すぐにでも受けた方がよさそうです。

現在仕事をしていてすぐにエンジニアにならなくても大丈夫な人は様子見か独学でプログラミングを自分の力で取得しておいた方がいよさそうです。

専任エンジニアとマンツーマンでスキルを磨けるスキルは素晴らしいシステムだと思いますが、金額面であまりにも高すぎる気がします。自己投資だと割り切って参加される方もたくさんいると思いますが、フリーエンジニアで稼ぐためにはそれ相応のスキルと経験、コミュニケーション力が求められると思いますので、結局のところ独学で学んである程度できるところまで自分の力で行ってしまった方がいいかもしれません。

しかし、たくさんのプログラミング言語がある中でRubyが一番需要があるのには勉強になりました。独学でプログラミングを学ぶのはRubyをやってみようと思います。