サラリーマンアマチュアゴルファーのスコアー記録他

ゴルフ場の雰囲気、難易度などをうまく伝えられればいいかと

今後の戦略について

毎日働いているけど今の時代サラリーマンだけでやっていくことはほぼ不可能な状態ということに早くきづかなくてはなりません。

会社員になりたての頃は消費税5%だったのに気が付けば来年には消費税10%に。その結果どの商品も便乗値上げということをやっていくことは簡単に想像がつきます。

もし、消費税5%の時に社会人になって初任給手取り20万だったとするならば、消費税10%になったら初任給手取りで21万以上にしないと、物価上昇のインフレに耐えられないでしょう。

また、ものの価格は変わらないが内容量を少なくして帳尻を合わすことを各メーカーは行っています。現にカルビーポテトチップスは昔は70-80g入っていたはずなのに、現在では60gしか入っていないため2袋買ってしまうこともしてしまいます。

こんな時は書店に行き稼げる知恵を探していましたが、どこも投資信託やつみたてNISAの件ばかりでした。

確かに投資信託、つみたてNISAは使わない金がある場合はやったほうが良いが、ここんとこの急落、急回復の不安定な情勢のせいでたいして儲かっていません。

またイデコについても相場が動いているため、所得税地方税の税金控除を抜かせばあまり運用成績は良くないです。多分素人投資家はほとんど儲かっていないのではないでしょうか。

そんな中、一部のポジションを取っている投資家だけがこの読めない時期に儲けを出しています。それは優良米国株にひたすら投資をすることが今のところ確実にインカムゲインを得ることができると考えます。

ただし、ハイテク株やナスダック銘柄はもう時期的に投資で儲けることはできないと思います。(フェイスブック、アップル、アマゾン等はもう誰もが知っているよね・・・)

自分は生活必需品株、医療系株、エネルギー株など昔から愚直に配当金を出し続けてくれる株を長期保有することで資産を指数関数的に増やしていけると思います。持ち株数によって配当金が増える方法は一朝一夕に金持ちは慣れないので、愚直にお金を投資に充てていく必要があります。

毎月8万円ずつ、10年間それを続けただけで10年間で1,000万+αという金額を運用することができます。その中で初期投資は100%自己資本で100万投資しますが、年度を追うごとに配当金のお金が増えてくるため、2年目自己資本は95万、3年目は90万というふうに、だんだんと自己資本を投じなくても良いようになります。

米国株は今後も2037年頃まで経済が成長していくという予測が出ていますので、中間選挙が行われる今晩からでも遅くはないので投資をしてみてはいかがでしょうか。