サラリーマンアマチュアゴルファーのスコアー記録他

ゴルフ場の雰囲気、難易度などをうまく伝えられればいいかと

ピートダイゴルフクラブロイヤルコース

f:id:smartfitter:20181020233202p:image

 秋晴れの中栃木県日光市にあるピートダイゴルフクラブ ロイヤルコースに行ってきました。ここは有名なゴルフ場設計士のピートダイのコースですが難易度は易しめに作られています。もう一つのVIPコースはここよりも距離があり、難易度も高くなっているとのことですが2サム割増料金を取られてしまうため、あえてロイヤルコースを選択しました。

栃木県の奥となるとさすがに片道の走行距離が150キロ近くになってしまい、車運転手としては疲れます。この日は東北自動車道で事故渋滞が発生した関係でスタート時間に間に合わなくなり、昼飯を食べた後スループレーをすることになりました。

f:id:smartfitter:20181020235615j:image

アウト1番ホールで幸先よくパースタートしましたが、ここのコースは何といっても打ち下ろしのパー3ホールがあり、しっかり打ち切らないと1オンすることがほぼ不可能になってしまうため、各々のホールでパーセーブできなかったのがスコアーが伸びなかった要因かと思います。

また上の件とは対照的にミドルホールは比較的距離も短く、ラッキーホールが多かったように感じました。とはいっても高低差のあるミドルホールは自分自身どうも苦手意識があるらしく、OBになってしまうことが未だに多いです。

たとえばこんなホールは私はどちらかと言うと苦手意識が高いです・・・

f:id:smartfitter:20181020235909j:image

 また、アウトホールの残り3ホールで寒い風が吹いたせいか体調を崩してしまい、スコアメイクすることができませんでした。(単なる言い訳??)バーディは取ったけど。

本日のラウンドは正直納得できる打球を打つことはできませんでした。

しかし、先週に引き続きそんなに大崩れしなかったのはパターで決められるところは確実に決める、アプローチショットでの番手選びを間違えない、ガードバンカーには絶対に打ち込まないなどキーとなるポイントを押さえた結果、ビックイニングを作らなくなりました。

正直ミドルホールでは2オン、2パットでパーセーブしたい気持ちが誰もが持つと思いますが、ティーショットでダフったりして納得のいくポジションにボールを置くことができない場合は、無理をせず2オンしないで3オンすることを確実にできるポジションにボールを置いてから3打目勝負でいいと、最近は思うようになりました。

無茶をすると狙い通りに行ったときはそのままスイスイ行くと思うのですが、行かなかった時の火傷感は半端なく、ポジショニングを考えることによってマネジメントがうまくなったと思えるようになりました。(そこで必要なのがGPSゴルフウオッチなのです)

ラウンドが終わってひと風呂浴びて帰りの高速に乗ったとたんに日光からの帰り道の車でごったがえしていて、激しい渋滞に遭ってしまいました。

日光でラウンドする時はある程度の渋滞は覚悟しておく必要がありそうです。

 

次回は2週間後に茨城県にある富士カントリー笠間クラブに行ってきます。

f:id:smartfitter:20181021001245j:image

f:id:smartfitter:20181021001459j:image